下剤ダイエットなら命が取られる

便秘問題無しの人に対して、下剤ダイエットするのは絶対良くないです。場合によって、命が取られる恐れがあるといえます。

下剤ダイエット
下剤ダイエット

 

下剤ダイエットの副作用の一

若し短時間で下剤を使用するなら、下痢は主に体内の水分を大量に失って、体重は確かに落ちましたが、脂肪が本当に消耗していないので、一旦水と塩の代謝が正常に戻ったら、体重も直ぐにリバウンドします。

長期間で頻繁に下剤で下痢するなら、腸がいつも食べ物の栄養を吸収していないのに排出するばかりで、体がいつもエネルギー不足状態になっています。

それに下痢で水素電解質PHバランスが混乱になって、体がとても弱くて、食欲と精力も下げます。

下剤ダイエットの副作用の二

長期間で下剤を服用するにより、腸の動きが混乱になって、薬物依頼になってしまって、薬の刺激が無ければ動かない状態になります。

更にひどい状況は腸壁になる末梢神経と筋肉組織を壊して、機能性便秘から器質性便秘に発展して、薬を飲んでも排便しなくなります。最後は肛門堕脹となり、更に血便になる。

若し長期下痢で腸のバクテリアが失調を発生して、頻繁な下痢或は便秘になる可能性があり、且つ下痢で水素電解質PHバランス混乱になって、厳重時脱水、低カリウムの血病で命を失うことも至ります!

下剤ダイエットに用いている下剤の危険性を徹底的に分析

常にダイエットできる、腸の毒を洗浄できる薬や、お茶などのサプリメントをよく聞かれますよね。実はその有効成分は下剤です!

通常の場合、われわれの腸にはそんな多くの「宿便」が無いですよ。排出すべきの「毒」も無いです。若しいつも強制で腸に「洗浄させる」下剤ダイエットをすると、危害が多いです。

下剤がいろいろな種類があり、下剤ダイエットによく使用されているものたとえばカイサイロと液体のパラフィンが比較的に温和の下剤であり、硫酸マグネシウム類は比較的にひどくて、刺激性下剤です。その他は乳果糖、アントラセンのキノン類、フェノールフタレーン(果導片)、番泻の葉、大黄などがあります。

下剤ダイエット

先ず、温和の下剤でのダイエットも有害です。

カイサイロは腸に一定の刺激作用があり、液体のパラフィンはカイサイロに似ているグリース剤であり、食道反流の問題がある人に対して、口経由で液体のパラフィンを飲んだ後、反流で肺に吸い込んで、類脂性肺炎を起こします。

この概率がとても少ないですが、反流問題ある人が若しどうしてもダイエットのため、服用するなら、できるだけ寝る前に服用するのを避けてください、或は服用後一定時間を立って下さい。

それから刺激性下剤でダイエットについて説明します。

硫酸マグネシウム類、強い下剤として、突然の使用で急性脱水、低血圧(骨盤の中の空洞部に充血で起こったのですので生理期間服用禁止)になる可能性があり、連続使用すると麻痺性腸塞ぐ等の問題になります。

その中に含有するマグネシウムのイオン、硫酸塩は人体に大量を吸収された後、高マグネシウムの血病、高燐酸塩の血病、低カルシウムの血病等の問題を起こし、厳重時精神混乱、呼吸抑制、心臓が急に停止になります。ダイエットは大事ですが、命はさらに大事です。

フェノールフタレーン類下剤、もう大量の実際の使用根拠によってそれは結腸黒変病を引き起こすになります。結腸黒変病と結腸癌の間の関係がまだ争議が有りますが、小ネズミの試験ではヒズミになるのを証明されました。目前アメリカとイギリスはもうフェノールフタレーン含有の薬物を禁じました。

 

 下剤ダイエット

 

よく知っている番泻の葉と大黄について、多くの人はそれが漢方薬の為、とても安全だと思っていて、よく下剤ダイエットにもち入れました。

実は、番泻の葉と実とも番泻苷と言う成分を含め、腸道のバクテリアで分解した後、大黄酸蒽酮-よくある肝臓毒性物を産生します。大黄にも当然大黄酸蒽酮が有ります。漢方薬類の下剤を濫用して急性肝臓生理機能が衰弱することを引き起こして死亡になったのも少ないです。

その以外、下剤ダイエットに使われているPlantain seed含有の下剤は敏感性気喘になる可能性があります。フェノールフタレーン類薬は固定薬疹、大水疱性の赤斑と狼瘡の反応等に引き起こします。

まとめとして、下剤ダイエットは絶対良くないダイエット方法です。

効果のあるダイエットサプリ摂取し方

市販のダイエットサプリの種類が多いが、ダイエットサプリはどのように食べるのが有効であるか?即ち、効果のあるダイエットサプリ摂取し方はなんでしょうか。ここで8種類の成分が違うダイエットサプリをどうやって食べるのが急速にダイエットするかを紹介します。

  一、効果のあるダイエットサプリ摂取し方なら、美食愛好家が食べながらやせる:カロリーをコントロールするダイエットサプリ

健康的なダイエットが何キロ減らすかではなく、いくら脂肪を減らすかに注目する。脂肪が薄くなり、体重があきらかに軽減されないかもしれないが、人の姿がより美しく、むくみもない。副作用の小さいカロリーコントロール類薬は長期服用できるダイエットサプリである。

よく外食し、食欲をコントロールできない人が専門にデンプンや脂肪の吸収を遮断するカロリーコントロールダイエットサプリを試してよい。主食と油っこい食べ物を食べても太らないよ!

どのように食べるのが一番有効である:過度に食用してならない。1日は2回を越えないで、さもなくば栄養摂取不足をもたらしやすい。もし食前に過剰ダイエットサプリを飲み、実際に食事の時はデンプン類の摂取量も多くないなら、頭はそんなに賢いことをすぐ気付いてるよ!

二、燃えろ!肉!:カルニチン・ダイエットサプリの効果のある摂取し方

カルニチンが市場に出たばかりの時は選手の特許で、脂肪を燃焼する機器であるが、運動を通して動力を提供する!だから普段フィットネス習慣がある人に適用する。5~15分の科学運動で、数時間運動に相当する脂肪を消耗できる。

どのように食べるのが一番有効であるか:毎日食事の後に、2個を食べて、総量は一日に3回で、計6個である。カルニチンを飲む期間に、なるべく間食を食べないで、必ず食後の散歩やジョギングを合わせる。

8類のダイエットサプリ

  三、生理期もダイエット:食物繊維のダイエットピルの効果のある摂取し方

食物繊維のダイエットピルがあれば、生理期でも美味しい食べ物を楽しめる!生理期にも服用でき、月経症候群が厳しい人に適用、特に生理期前後、食欲が大きい人に適用する。

どのように食べるのが一番有効であるか:毎日2回で、毎回4個、一般は食後に服用する。

四、オイル遮断蟹:蟹殻素ダイエットサプリの効果のあるダイエットサプリ摂取し方

オイル遮断の専門家とも言える。ハンバーガー、手羽先、ピザ、チョコレート、アイスクリームを食べても、油脂は吸収しない!多くのスターも蟹殻素ダイエット薬を食べて美しい姿を維持する。   食いしん坊の一族、痩せたいが食べ物の誘惑を抵抗できない人がこの類のダイエットサプリを食べてみようか!

効果のあるダイエットサプリ摂取し方、即ち、どのように食べるのが一番有効であるか:成人は毎日4個、昼食あるいは夕食の15分前に温水でのみ、魚介類アレルギー体質の人が服用できない。

五、脂肪ダイエットサプリにさようなら:液体ダイエット

酵素の場合   酵素は比較的に新しいダイエット薬で、多くの下腹が大きいひと、長座一族とサラリーマンの間に流行する。購入する際にはセンナなどの成分を含むものを選択しないことを注意する。さもなくばこのダイエット製品に容易に依存性が出来る。

効果のあるダイエットサプリ摂取し方:淡い果物の味で、毎日1本、起きて空腹で飲んで、一週間ぐらい後、少し口はして、これは体の水分排出の表現である。

六、純天然でダイエット:天然漢方薬ダイエットサプリ

漢方薬ダイエットサプリが植物の天然の力を利用してダイエットする。すべては、漢方薬と植物エキスからのもので、ホルモンや人体に有害な化学物質を含まない。ストレスでの食欲旺盛に適用する。ハトムギの仁、複合食物繊維のような天然成分で調整し、満腹感を強め、余分な脂肪を遊離の脂肪分子に転化させ、迅速に体外を排除する。

効果のあるダイエットサプリ摂取し方:いかなる漢方薬ダイエットサプリを服用する前には、必ず自分の体質をはっきり見分け、一つ一つの成分をはっきり認識する。特別な生理期には服用していけない。漢方薬が含まれている成分が血液循環を加速しやすくさせて月経量を増加させ、体に悪く感じさせる。

多くの人が最初にダイエットするときは、ダイエットサプリを試してみることがある。でもダイエット薬は補助品であるので、一時的にはダイエット効果がかなりよいが、自分の生き方や習慣を変わらなければ、飲食のコントロールと鍛錬を注意しないと、リバンドしやすい。だから、自分の習慣を変えることに始め、効果のあるダイエットサプリ摂取し方を取り、健康ダイエットにしよう。

 

 

ダイエット薬またはダイエットサプリの種類

 

肥満症のダイエット薬またはダイエットサプリがいろいろとあるが、それぞれに違う作用と特徴がある。、近年、アメリカFDAがただ二つのダイエット薬だけを市場に出回ることを承認した、それはOrlistatとSibutraminです。現在、国際的に統一のダイエット原則を制定された。即ち食欲を抑える必要もなく、下痢を起こしたり、体重を軽減しても体力を下げないというのです。だから、統一基準を制定して、効果の高い、低毒性のダイエット薬またはダイエットサプリは今後の研究の方向となる。

一、 食欲制御タイプのダイエット薬またはダイエットサプリ

フェニルアミンとの類似品、トルエンアミン、ベンジルトルエンアミン、ジエチルプロピオン、右ベンゼンアミンとベンゼン丁胺などを含め、神経係の興奮作用をを通じて、食欲を抑えることができ、食物摂取を減らして、体重を軽減する。このタイプの薬物は単純性肥満に効果が良いが、不良反応が多い。

Fenfluramine hydrochloride、dexfenfluramine;dipordal及びその化合製剤が多くの実証により、これらの薬は心臓弁膜損害、肺動脈高圧と指壊死などの深刻な不良反応があり、1997年によりFDA使用禁止と決定された。

インドール及びその誘導体は、例えばかインドールとイミダゾールインドール、1997年FDAが承認したsibutramineがその作用を持っている。大量の臨床試験により、それらの薬は脂肪代謝速度を18倍増加できる、熱を産生することで「余分な脂肪を燃焼」。同時に飢餓感を減少、有効的にカロリー摂取を制御する。しかし、この薬は血圧を向上、心血管の肥満患者に注意してほしい。

二、 漢方ダイエット薬及びその化合製剤

漢方薬や処方の記事が多くて、例えば:柳茶、苦丁茶、参庶ダイエット粉(党参、オサムシ虫、たくしゃなど)、富士ダイエット粉薬(ケツメイシ、スイカズラなど)、荷葉合剤、雁ダイエット茶、花粉、轻健カプセル(ハスの葉、半夏、たくしゃ、黄耆など)、除脂肪平(葛根など)、身軽に健脂楽、防風通圣散、ベルベリンなど、すべて程度が違うが、コレステロールと体重の減少の役割がある。

三、 腸の消化吸収を抑えるタイプのダイエット薬またはダイエットサプリ

リパーゼ抑制剤: Orlistatはリパーゼを制御し、脂肪分子の分解を阻止することで、脂肪の吸収を減少する。この薬は明らかに肥満患者コレステロールを低下できる。しかしこの薬物によって胃腸の機能が乱れ、呼吸器感染、頭痛、月経不順、焦慮、疲れやすいなどになる可能性がある、脂溶性ビタミンの吸収にも影響する、脂溶性ビタミンの欠乏になり、長期的な使用だと、脂溶性ビタミンの補充に注意するべき。

アカルボースは食後血糖と血漿インスリンレベルを低下できるが、腸膨れ、、腹痛、下痢などを起こす可能性があり、個別の患者はまだ低血糖の反応が出てくるかもしれない。

四、 消費エネルギーを増加するタイプのダイエット薬またはダイエットサプリ

中枢興奮薬:エフェドリン、テオフィリン、カフェインなどが脂肪の酸化、消費エネルギーを増加することができ、食欲を減らすこともできる。

BRL26830A、BRL28410、BRL35135AとさせBRL37344は脂肪組織の機能と全身代謝を活性化にさせ、体重を減少する、摂食量に影響しない、血糖値に影響しない。だからこれらの化合物は、肥満型糖尿病を含む、多くの肥満には希望とされる治療薬です。ICI198157及びICID7144は産熱剤で、不良反応が小さいです。この薬はまだ研究中です。

ホルモン類:低線量チロキシンT3(例えば60μg・d-1)を採用し、肥満を治療可能、このとき、機体たんぱく質の分解は増加しない。成長ホルモンはあるタイプの肥満がとても良い治療効果がる。インスリン様成長因子(IGF1)不足による肥満や軽度の高脂血症は、遺伝子工程合成のIGF50~150μg / kg / dを長期服用すると、患者の皮下脂肪の含有量は明らかに減少でき、血清コレステロールを低下できるが、体重が増加になる

五、その他のタイプのダイエット薬またはダイエットサプリ

インスリン増敏剤はインスリン抵抗の肥満患者にダイエット効果がでる化もかもしれない。例えばロシグリタゾン(rosiglitrazone)、噻ガケトン(ciglitazone)、pioglitrazone、トログリタゾン(troglitazone)や二甲双胍などの薬は糖尿病の肥満患者と単純性肥満患者にはダイエット補助作用がある。しかしトログリタゾンは肝不全、死亡に至る可能性があるから、現在使用停止されている。

バイオペプチドと興奮剤や抑制剤など、このタイプのダイエット薬またはダイエットサプリは更に研究が必要となる。